犬大好きおじさんの犬の話

TOP(最新)  |   |  おじさんへの連絡  |  犬のゲーム
以下、「犬大好きおじさんの犬の話」本文
 
犬好きのあなたに贈る・・・

足跡犬大好きおじさんの犬の話足跡

我が家の犬たちを紹介します

甘えん坊は、我家の象徴 …
我が家の犬の歴史 第二十回 (06.06.30.更新)

〈 チョット番外 〜 リュウ 〜 の巻 〉

立派なおじさん

自分の小屋の前で… !!
見て、見て。立派なおじさん犬 !!
我家の子供達のご紹介も2巡して、前回5匹目の最後 『ルナ』に到着しました。
 と云うことは、『ヒメ』のお兄ちゃん、『熊太』と『ルナ』の伯父さんに当る『リュウ』のことも忘れては、可哀想です…よね。
 なんだか、6匹の犬を飼っているようになって来てしまいましたけれど、気持ちの上で、彼を外せません。
 もう、14年も昔に、生まれて直ぐに、ホンの2ヶ月ばかり我家に居て、養子に貰われて行ったのに、おじさん達のことを何時までも忘れないで、歓迎してくれる可愛い『リュウ』……。
 現在の飼い主さん K さんのお宅に顔を出す度に、尻尾が千切れんばかりに大歓迎してくれます。
 やはり、嗅覚なのでしょうか。
 実は、昨年は東京で何かと用事が出来てしまい、彼に会いにいけなかったのです。
 今年の5月、ゴールデン・ウィークに会いに行きました。 その時の写真です。
 以前は、『ヒメ』などと比較しても立派な若武者…と云う感じだったのですが、今回、会いに行ったらば、(チョット)おじさんぽくなって来ていました。
 何処が≪どう≫と、指摘できないのですが、ま、人間と同じで、『歳を取ったなァ』ッて、感じでしょうか。
 毛艶も悪くないし、取り立てて目立つ処は無いのですが…。


もう、帰っちゃうの ?
西日の当る背中に男の哀愁が…
『リュウ』のこと Part U

 以前もお話しましたけれど、『リュウ』は実に立派に育ち、我家の『ヒメ』からは想像できないほど逞しい≪山犬≫になっています。
 飼い主さんの、愛情を≪タップリ≫受けて居ればこそ、です。
 おばあちゃんも『始めは、犬なんて嫌いだったけど、今じゃァ…『リュウ』無しではいられない』見たいです。
『この辺りの犬に比べて、家のリュウが一番立派だよ』ッて、言って呉れています。
『この子は利口で、道を通る人には吠えるけど、家に来る郵便配達には、吠えないもの』と、べた褒めです。
 人間換算で行けば、60歳代の後半、いや、間も無く70歳に突入しようと云う年頃ですから、無理もありません。


あ〜ぁ
少し年取ったかなァ

 遅筆なもので、年に3回の更新からすると、全員(?)ご紹介するのに2年間掛かります。
 とすると、次回順番が廻ってきた時に、その主人公が生きているかどうか、心配です。
 最年長の『チビ』が腰痛で、歩行が困難になりかけてきました。 歩けるのですが、背中を丸めて≪お婆ぁさん歩き≫を、し始めました。
 動物病院にも何回か連れて行きました。
 全員が長生きしてくれて、我々人間達と、楽しく暮らせると良いと思っています。
 また、お話をしますけれど、『カーサ』も髭が白髪になってきました。 エッ、元々白犬だろうッて、ま、そうなんですが、髭に太さ・長さともに、勢いが無くって来て、年寄りくさい顔立ちになってきました。
 彼らのことは、また、彼らのコーナーでユックリお話いたします。

 処で、お詫びを…。
 5月には更新を…。と威張っていたのですが、やはり、6月…。それも月末になってしまいました。
 ごめんなさい。 心から、お詫びします。


では、又……。


このホームページを読んで下さった方に、感謝します。これをご縁にお話し合いなど出来れば嬉しく思います。

<<犬大好きおじさん>> Mail Adress : sz440@ yahoo.co.jp 
(ウィルスメール避けに「@」を大文字で表記しています)
 
「犬大好きおじさんの犬の話」本文終了
TOP(最新ページ)

第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話  第7話  第8話  第9話  第10話
第11話  第12話  第13話  第14話  第15話  第16話  第17話  第18話  第19話  第20話
第21話  第22話  第23話  第24話 

以下、リンクなど
ふふ  ケンの秘密日記
以下、著作権表示
無断転載禁止 (c)inudaisukiojisan 2000-2005